酵素とは、そもそも何?働きや効能について

今まで酵素というと洗剤や歯磨き粉に含まれる「よく汚れを落とす成分」としての認識が一般的でした。

ここ数年は酵素がもつ力が多くの人に知れ渡り、酵素を取り入れたダイエットや健康法が流行し始めましたね。
けど、酵素ってそもそもなんでしょう?

酵素とは、そもそも何なのか!?その働きや効能まとめ

 

酵素とは何か?

簡単にいうと、生命活動の主役

酵素学のパイオニア・鶴見隆史先生曰く
「酵素とは、体の中で起きる生化学的反応を促進する、生命力をもった物質(触媒)である。」

うーーーん、これではよくわからないですよね(笑)

簡単に説明すると、体には2万以上の酵素が存在し、各酵素がそれぞれの役割に応じた働きをして私たちの体を動かしているということです。

ある酵素は食べ物の消化活動を行い、ある酵素は細胞の再生を行ってくれていることで、人間ならびに生物は成り立っているのです。
酵素なしには、息をすることも、手足を動かすことも、臓器の運動も、まして生きることができません。
そんな大きな存在です。

酵素をもうちょっと詳しく

酵素が解明されたのは最先端科学が発達した21世紀になってからです。
ビタミンなどに比べて解明が遅れたため「9番目の栄養素」とされています。
(他の8つの栄養素は、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル・水)

酵素の種類には、人間の体に存在する「潜在酵素」と、野菜・果物や酵素ドリンクなど外部から取り入れる「外部酵素」の「食物酵素」があります。
「潜在酵素」は「代謝酵素」と「消化酵素」の2種類に分けられます。
酵素の種類

この体内にある潜在酵素は加齢とともに減っていくので、日々の生活で外部酵素をしっかりと補給しなければなりません。
しかし現代では、生きた酵素を摂る食事ができていません。
そのうえ、消化酵素を多量に必要とする肉料理や揚げ物ばかり食べていたら、潜在酵素はみるみる減っていきます。
こうした食生活や酵素不足が太る原因です。

なので、潜在酵素をなるべく使わないような生活(1食置き換えや断食)をしたり、食物酵素の多い食事(酵素ドリンク、生野菜や発酵食品)を摂ることで、スリムで健康的な痩せ方が実現できるのです。

酵素の働きについて~酵素で代謝をあげることができる!~

潜在酵素の中の
代謝酵素の働きは細胞の再生や自己治癒力の維持など生命活動の重要な役割を果たしています。
消化酵素の働きは口から入ってきた食べ物の消化・吸収活動を行います。

このように酵素は生きる上での重要な活動を行っています。
潜在酵素の量は決まっていて、それを消化酵素を主として使うのか、代謝酵素を主として使うのかで痩せやすい(健康的)かどうか決まります。

消化酵素と代謝酵素の説明
図の左側「痩せやすい!」の状態のように、酵素たっぷり摂取した生活を送ると消化が順調に行われます。
そのため代謝酵素を温存して免疫力を高めたり、細胞や組織の再生をスムーズに行うことができ、肌がきれいになったり脂肪がたまりにくい体になります。

体内で作られる酵素は一定量であるため、外部から食物酵素としてたっぷり摂る必要があるんです。
酵素不足の状態が続くと代謝が悪くなり、内臓脂肪を蓄積しやすくなり太りやすくなります。
消化酵素の無駄使いを促すような食事(肉料理やコンビニ弁当など)をせず、酵素を取り入れるような食事をするようになると、代謝酵素として使える分の酵素が増えるために新陳代謝があがり太りにくい体にすることが可能です。

覚えていて欲しいのは、「酵素ドリンクを飲めば痩せる」とか「酵素ドリンクを飲めば脂肪が燃える」ということで痩せるわけではないんです!

あくまで大切なのは「潜在酵素の無駄使いをしないで、代謝酵素を温存し、かつ食物酵素を摂ること」です。
その結果、代謝があがり、痩せることができる、ということです。

そうなるためにも酵素ダイエット(酵素ドリンクを飲みながら1食置き換えたり、断食したり)が効果的ですよ!ということです(*^^*)

酵素でダイエット効果は望める?

上記でも説明したことの繰り返しになりますが、酵素を摂っただけでは痩せません!

消化酵素をあまり使わないような生活(1食置き換えや断食をする、また肉料理や高カロリーな食事をしない)をして、かつ食物酵素を野菜・果物や酵素ドリンク等からたっぷり摂ることによって代謝酵素が温存され、結果として痩せることができるのです。

ただ食事を抜くのでなく、酵素を摂りながら行う酵素ダイエットであればダイエット効果(=痩せること)は充分に望めます!

酵素ダイエットのメリット・デメリット解説

メリット・デメリットの前に、どうして太るのか?について解説します。
それがわかることによって酵素のメリットの意味がわかりやすくなりますよ!

1、ほとんどの人が食べ過ぎで消化不良を起こしている
単純ですが、食べ過ぎによって消化不良を起こし、全身の代謝が悪くなってますます太りやすくなる悪循環を起こしている

2、腸内環境が悪いと血液が汚れ、細胞便秘を起こす
食べ過ぎて消化不良起こしていると大腸内の環境が悪化します。
そして血液を汚し、全身の細胞に宿便のようなものがたまる「細胞便秘」の状態になります。

3、この一連の流れがあって、皮下脂肪や内臓脂肪がたまりやすくなる

そっか~食べ過ぎかぁ~
じゃあ、単純に食べなきゃいいのねっ!!!

ってなるかもしれませんが、それだけではありません!

上記のような太る循環を断つための最善策は消化をよくすること
そのために「食べ過ぎないこと」「消化を助けるための酵素をたっぷり摂ること」が大切です。
酵素は体内では一定量しか作られないので、外部酵素を摂ることで身体にとっての好循環が生まれます。

酵素ダイエットのメリットとデメリット

太る循環がわかったことろで、本題の酵素ダイエットによるメリット・デメリットをまとめました。

酵素ダイエットで1食を酵素ドリンクに置き換えたり、断食中に酵素ドリンクしか飲まないことで腸が休まったり酵素を補充できると以下のようなメリットがあります。

酵素ダイエットのメリット

 自然に新陳代謝をアップさせて太りにくい体質に改善できる
 全身の血行が改善して健康的に美しく痩せることができる
 他のダイエットを何度も試みているのに全然痩せなかった人も痩せることができる
 腸内環境がよくなるのでお通じがよくなり、体内の老廃物が出るようになるので肌もキレイになる
 不妊の改善

これらは太る原因である消化不良と酵素不足が、酵素ダイエットによって改善された結果(メリット)です。

また酵素断食によって一時的にいつもより栄養を少なくすることによって体に「危機」を生じさせることで、生理的な生存能力にスイッチを入れ、生殖能力が上がります。生存本能とともに子孫を残そうとする働きが起こるために不妊が改善されます。

また酵素ドリンクは何十種類の食材から酵素液を抽出しているので栄養価が豊富なので断食中も栄養失調することはないですし、満腹感もあります。

きちんとした無添加の酵素ドリンクさえ選べば妊娠中や授乳中でも安心して摂取できることも良い点です。妊娠中や授乳中の方は1食置き換えや断食ではなく、酵素補給に焦点をあてて活用することをオススメします。

酵素ダイエットのデメリット

 無添加酵素ドリンクは1本あたりが高価
 味や臭いが苦手で続けられない人もいる
 食事のうちの1食分は酵素ドリンクに置き換えなければいけない
 好転反応で頭痛や湿疹が出て、治まるまで悩まされる人もいる

安いもので「酵素ドリンク」と謳っているものもありますが、無添加(保存料や添加物、安定剤など入っていないもの)でなければ本物の酵素ドリンクではありません!
本物の酵素ドリンクは、何十種類の野菜・果物・野草を発酵させて抽出させた大変貴重なものなので、お値段がやはりそれなりにします。
無添加の中で一番安くて3,360円、高いものでは1万円を超します。
値段が値段なので、「購入も踏ん切りがつかない」「長期間続けられない」というのがデメリットです。

酵素ドリンクは発酵食品なので独特の臭いが苦手な方もいます。
商品によっては臭いや味が抑えられているものもありますが、こればかりは飲んでみて大丈夫かどうか判断するしかありません。

酵素ダイエットの方法として、1食を酵素ドリンクに置き換えか、断食(1日中、酵素ドリンクのみ)をするので「食べることが何よりも幸せで、食事を1食も削ることはできない!」って方は酵素ダイエットは向いてませんので、辞めましょう。

酵素ダイエットをすれば必ず好転反応が出ます。
好転反応とは「体から毒素が抜ける準備段階の現れ」であり、症状として頭痛や湿疹などがでます。
塩分不足による頭痛もあるので、断食中はみそ汁・梅干しなどでしっかり塩分補給をしましょう。
通常は毒素が抜けることで症状も治りますが、個人差があり、なかなか症状が治まらない人もいます。
それに悩む方もいるようなので、好転反応が酵素ダイエットの一番のデメリットです。

酵素ドリンクで断食ダイエットした場合の回復食期間とメニューについて

断食ダイエットで大切なのは回復食期

酵素ダイエットで断食した場合、一番大事なのは回復食期間をどう過ごすかです!!!

このページでは、酵素ドリンクで断食ダイエットをした場合の回復食のメニューや、そもそも断食がなんで必要なのかをご説明します。

せっかく断食までして頑張って減量したのに、リバウンドなんかしたくないですよね(>_<) そのためにも、しっかり回復食のことを知って、ダイエットを本当の意味で成功させてください。

回復食とは?その必要性やメニュー・レシピについて

回復食とは、復食とも呼ばれます。
主に、週末断食や酵素ドリンクで断食ダイエット(ファスティング)をした後、1日~1週間にわたって取る消化に良い食事のことをいいます。

ファスティングを行った際は、水と酵素以外は基本的に口にしませんので、胃腸が休んだ状態になり、消化器官をはじめとして体の内臓が休息状態に置かれています。そこで、断食(ファスティング)を終了してすぐに固形物をとったり、普通食に食事を戻してしまったりを突然行うと、胃腸がショック状態となり、食べたものを分解できなかったり、消化不良を起こして苦しくなってしまったり、リバウンドの原因となってしまったりするのです。
良い胃

回復食は、断食(ファスティング)のメインとも言える期間であり、断食(ファスティング)によって静まった消化器官の再開ですので、新しく細胞が生まれ変わっているので、新鮮な食事を取る必要が生じます。
酵素ドリンクで断食(ファスティング)を行って、休まっている消化器官の活動を再開させますので、最初は胃腸に優しい食事を摂らなければなりません。
最初は、おかゆや味噌汁を中心とした、消化しやすい食品がいいでしょう。
無添加酵素ドリンクで酵素断食したあとの回復食としてまずはおかゆ・みそ汁から

最初の数日は、おかゆと味噌汁を中心とした食事をメインにして、その後、豆腐や野菜スープなどを食べ、徐々に普通食に戻していくのが基本のステップです。
いきなり固形物を食べると、胃腸がびっくりしてしまうので、やめましょう。あくまで体にやさしい食べ物を食べて、徐々に胃腸にならしていきます。この段階でも体重は徐々に減っていきますので、ダイエット効果は高いのです。

回復食期なしでも大丈夫?

回復食期なしでも大丈夫かどうかですが、回復食の期間はあったほうが絶対に良いです。

断食ダイエットをすることによって、胃腸が、いつもの消化吸収モードから、休息・排出モードに切り替わっています。そこで突然、食事を普通食に戻してたくさんの固形物をいきなりいれると、胃腸がびっくりしてお腹が痛くなったりなどもします。吐いてしまったり、気分が悪くなったり、体調を崩してしまうことも考えられますので、回復食の期間は絶対にあったほうが良いのです。
また、回復食の期間も、体重は徐々にですが減っていきます。いつもよりカロリーが低い食事の期間になりますので、この回復食の期間もダイエットの期間にカウントすることができます。
トータルで見ると、準備期間・ファスティング期間・回復食期間とこの3つの期間を通じて、体重を落としていくことになります。
よって、回復食の期間は絶対に設けてください。

回復食で失敗しないためのポイント

断食(ファスティング)後の胃腸はとても敏感で、とても吸収力がよくなっています。
そのために胃腸に優しい行動をとることが重要です。

どんなことが胃腸に優しいのかと言えば、次の3つのポイントのようなことです。

 断食後1~3日間は、おかゆ+みそ汁だけにする

 その後、徐々に固形物に戻していく。

 動物性タンパク質(肉や魚、卵、乳製品)・刺激の強い食材(キムチ、香辛料)・味の濃い物・スイーツ・アルコールは摂らない

断食(ファスティング)が終わったからと言って、翌日から揚げ物や肉料理を食べてしまっては消化不良、嘔吐、下痢、体調不良、なによりリバウンドに繋がりますので、回復食だけは気を付けてください。

回復食メニューのレシピ

おかゆとみそ汁が回復食として良いことはわかったけど、その後にどんなものを回復食として食べても大丈夫なの?と私も思ったので調べました。

回復食として食べて問題ないメニューのレシピを公開します。
レシピは、ネットで普通食として作られているものなので、味付けに関してはご自身で薄くされることをオススメします。

野菜スープ

無添加酵素ドリンクで断食ダイエットした場合の回復食としての野菜スープ

≪材料 (4人分)≫
キャベツの葉 2枚
じゃがいも 1個
にんじん 1/2本
玉ねぎ 1/2個
ベーコンの薄切り 2枚
バター 大さじ1
固形スープの素 1個

こしょう

≪作り方≫
キャベツ、ベーコンは幅2cmに切る。にんじん、玉ねぎは皮をむき、2cm角に切る。じゃがいもも同様に切り、水にさらす。鍋にバター大さじ1を熱し、ベーコン、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、じゃがいもの順に中火で炒める。玉ねぎが透き通ったら、火を弱めてふたをして2分蒸す。水3カップ、固形スープの素1個、塩小さじ1/3、こしょう少々を加え、中火で5分煮て器に盛る。
(1人分109kcal、塩分1.3g)
参考サイト
※あくまで回復食用なので、野菜はいつもより余計に煮込んで柔らかくしておきましょう。

温野菜サラダ

無添加酵素ドリンクで断食したあとに回復食としての温野菜サラダ
≪材料(2人分)≫
キャベツ 1/8玉
人参 1/2本
しめじ 1/2
水菜 1束
ポン酢 お好みで

≪作り方≫
1、キャベツは一口大、人参は薄く輪切り、しめじは石づきをとり、水菜は4cmぐらいの長さに切る。
2、耐熱容器に入れ、ラップをして、600wで約5分チンする。
3、混ぜ合わせてお皿に盛る。
4、ポン酢をかけて完成
参考サイト

※回復食として食べるので卵(動物性タンパク質)やマヨネーズは辞めましょう。

ひじきの煮物

無添加酵素ドリンクで断食後の回復食としてひじきの煮もの

≪材料≫
ひじき 乾燥で約10g
糸こんにゃく 1袋
しめじ 半分〜1袋
切り干し大根 乾燥で10g
人参 3㎝程
☆水 200ml
☆粉末だし 小さじ2/3
☆醤油 大さじ1.5
☆酒(清酒使用) 大さじ1
☆砂糖 大さじ1/2
☆みりん 大さじ1/2
ごま油 小さじ1

≪作り方≫
1、ひじきは水で戻しておく。
糸こんにゃくを適度な長さに切り、フライパンで乾煎りする。水分が完全に飛ぶまで
2、ほぐしたしめじと、人参を加え軽く炒める。
3、戻して水気を切ったひじき、切り干し大根はそのまま、☆を入れて、煮詰めていく。(※注意!切り干し大根はそのままですよ〜)
4、水分がほぼなくなるくらい、まで煮詰めたら、ごま油を入れてなじませて完成☆
参考サイト

冷奴

無添加酵素ドリンクで断食後の回復食として冷ややっこ
冷奴は、生姜を乗せて食べます。醤油も適量で、あまり濃い味付けにならないようにしてください。

おそば、うどん

無添加酵素ドリンクで断食した後の回復食としてシンプルなそばとうどん
おそばとうどんは、揚げ物のトッピングはしません。胃腸に負担がかかります。
軽い具材を載せて、好きな具材で楽しみます。お好みで具材をトッピングしますが、動物性タンパク(肉や魚、卵や乳製品)や油物は避け、シンプルに頂きます。

がんもの煮物

無添加酵素ドリンクで断食した後に回復食としてがんもの煮もの
≪材料(4人分)≫
・がんもどき (大) 6~8コ
・根みつば 1ワ
・だし カップ2
【A】 ・砂糖 大さじ2 ・しょうゆ 大さじ2 ・みりん 大さじ2 ・塩 小さじ1/3~1/2

≪つくり方≫
1、がんもどきは盆ざるの上にのせて熱湯を回しかけ、油抜きをする。
2、なべに油抜きをしたがんもどきとだしを入れ、弱火で4~5分間煮る。【A】の砂糖を加えてさらに4~5分間煮る。
■ポイント■
まず砂糖を加えて、甘みを浸透させる。
3、【A】の残りの調味料を順に加えて、がんもどきがおどらないように、ごく弱火で20~30分間、ゆっくりと煮含める。
■ポイント■
次に、しょうゆ、みりん、塩を加え、コトコトと煮詰める。
4、根みつばは熱湯でサッとゆでて水にとり、水けを絞って3~4cm長さに切る。
5、「3」を器に盛り、「4」をあしらって完成。

参考サイト

木綿豆腐の野菜炒め

無添加酵素ドリンクで断食した後の回復食として木綿豆腐と野菜炒め

≪材料(1~2人前)≫
木綿豆腐 一丁 約300g
キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ピーマンなどお好みの野菜 合計200g位
サラダ油やオリーブオイル 適量
昆布つゆ 小さじ1~2
鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1/2
塩、胡椒 少々

≪作り方≫
1、お水50~70mlと昆布つゆ、鶏ガラスープの素を混ぜ合わせ豆腐味付け用タレを作っておく。 ⇒(A)と呼ぶ
2、しっかり水抜きした木綿豆腐をタテに半分、厚さ1~1.5センチ(お好みで)に切る。
3、フライパンに油を適量ひき、両面軽くキツネ色になるまで炒め焼きにする。
4、炒め焼きした木綿豆腐に
A)の味付け用タレを回しかけ、水分が少なくなるまで良く絡めたら、一旦別皿に移しておく。
5、油を適量ひき野菜を入れ、軽く塩、胡椒を振り軽く火がとおるまで炒める。
6、野菜に軽く火がとおったら、別皿に移しておいた豆腐を入れ、混ぜ合わせたら出来上がり。

参考サイト

麸と豆腐の煮物

無添加酵素ドリンクで断食した後の回復食として麩と豆腐の煮もの

≪材 料(2人分)≫
車麩 3個
ねぎ 3本
豆腐 1/2丁
●醤油 大3
●おろししょうが 小1/2
●水 150ml

≪作り方≫
1、車麩は水に戻してしっかり絞っておく。
2、ねぎと豆腐は食べやすくきっておく。
●を混ぜ合わせておく。
3、圧力鍋に車麩、ねぎ、豆腐、●を入れて、火にかける。圧量kがかかったら弱火にして5分加熱する。
4、蓋を開けて煮汁が少なくなるまで煮たら出来上がり。

参考サイト

酵素ドリンクで断食ダイエットした場合の回復食期間

1日断食の場合

1日断食と回復食期間

酵素ドリンクで1日間断食を行った場合、1日~5日間を回復食期間として設けるといいでしょう。
1日の断食(ファスティング)だけでも、胃腸は24時間食べ物を取っていないことになりますから、だいぶ休まり、排出モードに切り替わって、デトックスが体の中で行われています。

その毒素を排出した状態で、綺麗な水を飲んだり、体にやさしいおかゆを食べたりなどして、ゆったりと過ごすと良いでしょう。お腹が空いていると思いますが、固形物を食べてしまわないように注意しましょう。
最初の1,2日は、おかゆや味噌汁などを中心とした胃腸にやさしいメニューにして、徐々に野菜スープやお豆腐などの少し固形物の入った食事に戻していきます。いきなり固形物を食べてはいけません。胃腸がびっくりしてしまいますので注意が必要です。

3日断食した場合

3日断食と回復食期間

酵素ドリンクで3日間断食した場合、体はだいぶ休まり、デトックスモードに切り替わっています。
回復食期間は3日~7日間を目安に設けます。
胃腸がすっかり休憩モードに入って、毒素を排出してくれているので、ここでいきなり固形物をとったりしてしまうと、体が驚いてショック状態となり、体調を崩してしまうことも考えられます。

最初は、おかゆや味噌汁などの固形物をとらない食事が良いでしょう。これを3日~7日程度続けた後、一週間近くかけて野菜スープやお豆腐などの固形物を少量取るような食事に戻していってください。
また、回復食の最中は、動物性タンパク質(肉や魚、卵、乳製品)はあまり摂らないほうが良いでしょう。
刺激の強い食品も控えたほうがいいでしょう。また、砂糖のたっぷりはいったスイーツや、アルコールなども口にしないようにしてください。

私の回復食期間の体験談

1日断食とその後の回復食

私が1日断食、3日断食したときの回復食期間の体験談です。

1日断食の後は、朝食は酵素ドリンクで置き換え、昼食はお粥・みそ汁、夕食は和食にしました。
1日断食明けの1日の回復食としての食事内容

3日断食後、最初の3日間は朝食・昼食は酵素ドリンクで置き換え、夜はお粥とみそ汁。
3日断食明けの回復食1日目の食事内容
その後、4日間は朝食は酵素ドリンク置き換え、昼食は野菜、夜は玄米・みそ汁・副菜にしました。
その後もなるべく食べ過ぎないように工夫しましたね。
3日断食後の回復食後期

1日断食後は面倒だったので市販でお粥買って食べたんですけど、お粥とはいえ添加物が入っていたようで下痢になりました(>_<)
それで懲りたので、「今度は回復食で失敗しないぞ」と意気込み、3日断食をする前には優光泉の3日断食セットを購入しました。

参照: 優光泉の3日断食セット

内容は玄米小豆粥2個・発芽玄米五目御飯1個・有機立科みそ汁3個・梅つぶ1個 です。

全て無添加ですし、断食道場(優光泉)が販売しているものなので間違いないだろうと思ったので、購入を決意しました。
優光泉の3日断食セット

梅つぶは断食中に塩分を補給するために食べます。断食中の癒しになりました(笑)めっちゃ酸っぱいのですが病みつきになりそうな味です。

玄米小豆粥は湯せんするだけの調理で簡単に食べられ、味も美味しい!玄米って固くてマズいイメージだったんですがお粥だからもちろん柔らかいし小豆が入っているのでほんのり甘みがあって、食べやすかったです。

発芽玄米五目御飯は、レンジでチンするだけの調理方法で、玄米だけど固くなく「健康的な炊き込みご飯」って感じでした(笑)少し具材も入っているので食べ応えがありましたね。

味噌汁は固形の素になっていてお湯かけるだけなので、これまた簡単でした。
優光泉の3日断食セットの玄米とみそ汁

回復食4日目以降はお粥から固形物に徐々に戻していきました。そして回復食を過ぎても、なるべく野菜中心、その野菜もなるべく安全な有機野菜を買うようにしました。
私が利用しているのは、らでぃっしゅぼーやです。有機野菜を自宅まで宅配してくれる、まぁいわゆる食材宅配ってやつですね。

今年(2016年)は野菜が高くなってしまいましたが、食材宅配だと一年通して価格が安定しているので、スーパーで高くなった時には食材宅配で買っています。

回復食期間が過ぎると胃も小さくなったのか、そこまで食べなくてもいいようになりました。
でもきっと油断すると食べ過ぎてしまってリバウンドにもなり兼ねないと思ったので、ウェルネスダイニングのお弁当も利用することにしました(笑)
断食明けにリバウンドしないために始めたウェルネスダイニングの冷凍弁当
ウェルネスダイニングは冷凍お弁当の宅配をしてくれるところで、お弁当は1つ300カロリー未満になるように栄養士監修で作られていますので、これを週に1回、夕食で摂るようにしました。

自分ではなかなかカロリー計算とかまでできないですし、絶対にリバウンドしたくなかったので、お金をかけてでも色々試しています。

まとめ

回復食期間は最初の3日くらいはお粥にお世話になるだけなので、そこまで苦労はしません。
その後、どんな食事をすればいいのか、「徐々に固形物に戻す」って言っても、その「徐々に」って私のやり方であってるの!?って思い、迷いが生じるので、結構苦労します。
断食で何も食べないことの方が、やることが明確なので簡単に思えるくらいです。

でも回復食期間こそ、酵素ダイエットの一番重要な時期なので、少しでもこの記事が回復食に迷いのある方の参考にされば幸いです。

酵素とダイエットの関連性について~何で酵素で痩せられるのか~

なんで酵素がダイエットや美容に効果的だと言われているの?

酵素とダイエットの関連性って何?

なんで酵素ドリンクって人気なの?

酵素ダイエット・酵素ドリンクを知りたての頃の私はそう思っていました。
酵素って洗剤とかに使われていて「よく汚れを落とす成分」だと思っていたからです。

私と同じように「なんで酵素がダイエットに効果的(痩せることができる)なの?」と思っている方向けに、酵素とダイエットの関連性についてご説明します。

酵素とダイエットの関連性について~何で酵素で痩せられるのか~

酵素とダイエット(体重の減量)の関連性について、簡単に言えば、酵素は新陳代謝の働きをしているので、酵素ドリンクで酵素補給することで新陳代謝があがって痩せやすくなるということです。

ただし、酵素ドリンクを飲めば劇的に痩せるということではないです。
1食置き換えや断食をせず、酵素ドリンクを飲むだけでも消化酵素の手助けにはなりますので、太りにくくなったり、肌の調子がよくなることはあります。

しかし、痩せる(体重減量)ためには1食置き換えや断食などで食べない期間を作ることも重要です。

酵素でダイエット効果を出す詳細説明

その説明については、ほとんど「酵素とは、そもそも何?働きや効能について」で書いたことと同じになってしまうのですが、
私たちの体には2万以上の酵素が存在し、各酵素がそれぞれの役割に応じた働きをして私たちの体を動かしています。

酵素には「消化酵素」といって食べ物を消化する働きと、「代謝酵素」といって新陳代謝・排泄などカラダを新しくする働きの2つがあり、

「代謝酵素」よりも「消化酵素」が優先して働くために、食べ過ぎで常に消化酵素を使っている状態だと「代謝酵素」の働きが劣勢になりますので、新陳代謝・排泄に滞りがでてきてしまうのです。

これが積み重なって、脂肪がたまったり便秘やドロドロ血になったりカラダの不調に繋がります。

また体内で作られる酵素は限りがあります。加齢とともに作られる酵素量は少なくなりますので、外部(生野菜・くだもの・酵素ドリンク)などから酵素を補給するのが効果的なのです。

外部から酵素を取り入れつつ、消化酵素を制限することによって「代謝酵素」の働きを優位にさせることによって、溜まっていた脂肪の分解による体重の減量や、新陳代謝があがることによって肌の調子がよくなるなど美容効果があると言われています。

この説明を無添加酵素ドリンク「越後の龍」の公式サイトで、絵でわかりやすくしてくれています。
酵素の働き~どうしてダイエットに効果あるのか、その関連性

酵素の働き~どうして体重の減量できるのか、その関連性

酵素だけ摂るなら生野菜やくだものでもいいのですが、それらを食べてしまっては結局「消化酵素」を使うことになります。
そのため、極限まで消化酵素を使わないでカラダに届くように作られているのが酵素ドリンクなのです。
酵素ドリンクの選び方~購入前の注意点~でも書いた通りなのですが、酵素ドリンクといっても何でも良いわけではありません。
酵素ドリンクの中には保存料・香料・甘味料など添加物を使っているものがありますが、それでは酵素の意味がありません。必ず酵素ドリンクの中でも「無添加」のものを選びましょう。

また、野菜や果物を自分で発酵させる「手作り酵素ドリンク」も流行っていますが、手作りの場合では野菜・果物を発酵させるために大量の砂糖を使用します。
カロリーだけ摂るような飲み物になってしまうので、オススメはしません。

以上のことがあるので、消化酵素を極力使用させず、きちんと意味のある酵素を届けてくれる無添加酵素ドリンクが人気なのです。