酵素断食ダイエット後にリバウンドしないための3つのポイント

無添加酵素ドリンクで断食ダイエットした後にリバウンドはしたくない!

「酵素ドリンクでダイエットするとリバウンドしない」との噂もあるようなのですが、正しい方法でダイエットしなければ酵素ダイエットで減量に成功してもリバウンドはします。

せっかく断食までして頑張って減量したのにリバウンドしてしまっては、元も子もありません。
どのようにすれば、酵素ダイエットで痩せたカラダを維持できるのでしょうか。

酵素断食ダイエット後にリバウンドしないための3つのポイント

≪リバウンドしないための3つのポイント≫

イラスト
 回復食期を正しく過ごす事

 酵素ドリンクを継続させること

 食事の内容や量を減量前と同じにまで戻さないこと

それでは一つ一つ、ご説明します。

 回復食期を正しく過ごす事

断食ダイエットで大切なのは回復食期
酵素ダイエットのやり方として1食置き換えや断食(ファスティング)が基本的であることは「酵素ダイエットの効果的な方法・やり方~酵素ドリンクの飲み方~」にも書いた通りなんですが、断食後には必ず回復食から食事を始めます。

断食後の身体は一種の飢餓状態になっています。胃は過敏で吸収力が良い状態になっているところに、断食が終わったからと言って普通の食事、特に揚げ物や肉料理を食べてしまっては余計に吸収されてしまって体調不良やリバウンドにつながり兼ねません。

ダイエットは断食よりも回復食の方が重要だと言われているくらいであり、回復食期間をしっかり過ごしたかどうかがリバウンドしないで居られるかどうかの分かれ目になります。

回復食のメニューやレシピ・どのくらいの期間を設けるかについては「酵素ドリンクで断食ダイエットした場合の回復食期間とメニューについて」をご覧ください。

 酵素ドリンクを継続させること

痩せたカラダを維持するためには、酵素ドリンクで1食置き換えなり、週末断食なりでダイエットを無理ない程度に続けることが必要です。

「でも酵素ドリンクってそこそこ値段高いし続けるのが難しい」と思われている方もいらっしゃるようですが、例えば優光泉であれば1杯あたりの値段は145円と、コンビニで売っているような飲み物と同じくらいの料金です。
1食置き換えるだけであれば1本で1ヶ月近く持ちます。朝食が145円だと思えば、そこまで高すぎるとか、続けられないなどというほど高い値段ではないかと思います。

酵素ドリンクで最低でも3ヶ月続ければ、痩せたカラダが「いつものカラダ」と思うようになります。
そうなってしまえば、1日くらい外食なりで食べ過ぎてしまっても体重が増えにくくなります。

というのも、体には「ホメオスタシス(恒常性)」という機能があるからです。
ホメオスタシスというのは「生体の内外における環境因子の変化に関わらず、生体の状態を一定に保とうとする状態や性質のこと」。
例えば、冬で雪が振るほど寒い日でも、真夏で暑い日でも、私たちの体温は常に一定に保たれています。
これはホメオスタシスが「いつもと同じ状態に保つ」働きをするためです。ホメオスタシスにより、体が保たれている状態

ホメオスタシスは体重でも同じ働きをします。
酵素断食ダイエットで痩せても、回復食期間を設けずにすぐにいつもの食事に戻してしまっては断食期間中に減った体重を「いつもと同じ状態に保とう」としてリバウンドさせようとしてしまいます。

ですが、ホメオスタシスを逆手に取ることも可能です。

「痩せている状態が、いつもの状態」と思わせればいいのです。
酵素断食ダイエットで減量に成功しても、その後3ヶ月くらいは酵素ドリンクで1食置き換え・週末断食などで体重を保ちます。
3ヶ月しているうちにカラダは、その「痩せている状態=いつもの状態」と認識し、少しくらい食べ過ぎても「いつもの状態に保とう」として太りにくくさせてくれるのです。

なので、それまでの辛抱です!
「痩せた状態=いつもの状態」になるまでは、酵素ドリンクでカラダを維持してください。

 食事の内容や量を減量前と同じにまで戻さないこと

すごく単純な話になりますが、太る原因は消費カロリーよりも摂取カロリーが多いからです。
もし酵素ダイエットする前に太っていたのであれば、それは食べ過ぎが原因である可能性が高いのです。

リバウンドしないために。消費カロリーと摂取カロリーの説明

「えー!そんなに食べていないよー」って方であっても、その食べていないという量のカロリーよりも動いていなければ、消費カロリー<摂取カロリーとなって太ることになります。

ただ、真面目に3日断食された方ならわかるかと思うのですが、断食後は胃が小さくなっているので、あまり食べられません。その状態をポイント1で説明した回復食期間を設けることによって保ち、ポイント2で説明した「ホメオスタシス」が働いてくれるまでは、食事の量や内容に気をつけましょう。

酵素ドリンクの選び方~購入前の注意点~

まだ酵素ドリンクを購入したことのない方のために、酵素ドリンクの選び方・選ぶポイントをまとめました。

≪酵素ドリンクの選ぶポイント≫

 無添加かどうか
 原液100%かどうか
 残留農薬・放射能検査など安全性に配慮があるか
 飲みやすい・おいしいか
 1杯あたりの値段は妥当か
 返金保証はあるかイラスト

選ぶポイントの解説と、ポイントを踏まえてどこが一番あてはまるのかを以下でご説明します。

お急ぎの方は解説飛ばして、 「6つの選ぶポイントを兼ね揃えた酵素ドリンクはココ!」へ

酵素ドリンクの選び方~購入前の注意点~

無添加酵素ドリンクと「どう選べばいいの?」

 無添加かどうか

この「無添加かどうか」というのは一番重要と言っても過言ではありません。
なぜなら無添加でなければ酵素ドリンクとして無意味だからです!

添加物とは、例えば「安息香酸ナトリウム(合成保存料)」「スクラロース(人口甘味料)」「カラメル色素(着色料)」のことです。
これらの添加物によって酵素の消化活動が抑制されてしまい、飲み続ければ免疫力の低下・消化不良を起こす可能性もあります。

酵素ダイエットとして1日~3日断食を行う方法もありますが、断食中は体がとても敏感になっています。
そんなときに添加物の入った意味のない酵素ドリンクを飲む方が体に悪いこともありますから、気を付けましょう。

このサイトでは本物の無添加酵素ドリンク7品(優光泉、エッセンシア、酵素八十八選、越後の龍、アイ酵素、野草専科、毎日酵素)しか試していません。

それは産後太り3人組のうちのアキがまだ授乳中であり、絶対に変なものを飲ませられないということもあり、慎重に選んだ結果の7品でした。

酵素ドリンクの中で、これらの7品よりももっと有名というか芸能人使って広告をバンバン出しているところもありますが、それは無添加ではなかったので利用してません。
もし「あれ?あの有名な酵素ドリンクは、このサイトでは使ってないのかな?」と思ったら無添加ではないと思ってもらっていいですね。

気になる商品がすでにあるなら「(商品名)+成分表(または原材料)+画像」で検索してみてください。
きっと気になる商品は「安息香酸ナトリウム(合成保存料)」「スクラロース(人口甘味料)」「カラメル色素(着色料)」などの添加物が入っているはずです。

私はそうやって探しながら、この無添加酵素ドリンク8品までたどり着きました。

 原液100%かどうか

ひとえに「酵素ドリンク」といっても多種多様あって、酵素さえ入っていれば「酵素ドリンク」と言えるのです。
〝どのくらい酵素が入ってなければならない”という決まりもないので、大げさにいえば、水に酵素液を1滴加えただけで「酵素ドリンク」と言ってもいいレベルなのです。

でもそれでは意味ないですよね?

さすがにそんな大げさなところはないとは思いますが、ジュースや水で薄めているところがあるもの現実です。
きちんと購入前には原液100%の本物の酵素ドリンクかどうかを調べましょう。

 残留農薬・放射能検査など安全性に配慮があるか

無添加で作られていて原液100%だとしても、その原材料が放射能・農薬まみれでよくない状態の野草・野菜・くだものでは、仕方ありません。

断食中は体も敏感になっているので、無添加で原液100%で安全性の高い良い品質の酵素ドリンクを選ぶことをオススメします。

 飲みやすい・おいしいか

酵素ドリンクを健康のために飲もうと思っている方、ダイエット目的でも間食や朝食など置き換えで酵素ダイエットをしようとしている方は、そこまで重視しなくても大丈夫です。
1日のうち1回であれば、例えそんなに美味しくなくてもガマンはできるでしょう。

ただ!1~3日断食で酵素ダイエットをしようとしている方であれば、味や飲みやすさに関しては大事になってきます。

これは私がやってみてわかったことですが、1日断食であってもそれなりにツラいです。
酵素ドリンクのおかげで「お腹がすいた」ってほどではないのですが、いつも食べている時間に何も食べずに過ごすことが口寂しいというか、味わいたいというかで、もどかしいんです!

そんな断食時に唯一、口にできる酵素ドリンクが不味かったらどうですか?ガマンできないですよ(笑)
気持ちがめげます!3日断食なんてもちません!

「飲みやすい」「おいしい」に関しては個人差があるので一概にはいえませんが、私たち産後太り3人組が無添加酵素ドリンク7品を飲み比べしたので、その感想を参考にしてもらえればと思います!

味については「6つの選ぶポイントを兼ね揃えた酵素ドリンクはココ!」で7品を評価比較しています。

 1杯あたりの値段は妥当か

いくら無添加で原液100%で安全性があって、おいしくても値段がバカ高かったら続けられないですよね(^^;)
それでなくても無添加酵素ドリンクは、そうでない酵素ドリンク(偽物)よりも高額なので、購入しようかどうか踏ん切りがつかないとか思います。

そんな時は、酵素ドリンク1回分の値段を割り出して考えてみましょう。
1本価格は安くても、1回分の値段は高くついてコスパが悪かった!なんてことのないように1杯あたり200円未満であれば、コンビニで売っているような栄養ドリンクと同じ値段ですし、まだ続けられる値段かと思われます。

 返金保証はあるか

やはりどう頑張っても「おいしくない」「続かない」「体にあわない」って方もいるかと思います。
酵素ドリンクは高いものでは1万を超える商品もありますので、返金保証があれば、試してみようかなと気軽に購入もできるってもんですよね♪

でも、上記の全てのポイントを兼ね揃えた酵素ドリンクはあるんでしょうか?
私が試した7品を比較してみました!

6つの選ぶポイントを兼ね揃えた酵素ドリンクはココ!

無添加酵素ドリンク7品を6つの選ぶポイントにあわせて比較しました。

その結果から言えば、優光泉が6つの選ぶポイントを兼ね揃えた、選ぶべき無添加酵素ドリンクと言えます。
 優光泉公式サイトを見てみる優光泉

6つの選ぶポイントを兼ね揃えているか比較

上記の「酵素ドリンクの選ぶポイント6つ」を兼ね備えているのはどこなのか、わかりやすいように比較表にしました。

このサイトでは完全無添加酵素ドリンクしかご紹介していないので、無添加・原液100%の欄はいらないかもですが(^^;)

もしかしたら比較表を見て「あれ?あの有名な酵素ドリンクは?」と思われるかもしれませんが、それは無添加・原液100%の本物の酵素ドリンクではありませんので、お気をつけてください。

無添加・原液100% 安全性 おいしさ 1杯の値段 返金保証
優光泉
公式サイトバナー
◎ ◎ ◎
梅味おすすめ
◎
145円
◎
毎日酵素
公式サイトバナー
◎ ◎ ◎
酸味強い
◎
193円
×
越後の龍
公式サイトバナー
◎ ◎ 〇
黒糖+フルーティー
△
324円
×
アイ酵素
公式サイトバナー
◎ ×
記載なし
△
薄めれば〇
△
348円
×
エッセンシア
公式サイトバナー
◎ 〇
国産とだけ
〇
甘い
×
423円
×
野草専科
公式サイトバナー
◎ ◎ ×
漢方ぽい
〇
233円
×
酵素八十八選
公式サイトバナー
◎ ◎ ×
漢方ぽい
×
675円
◎
※このサイトでは完全無添加酵素ドリンクしかご紹介していないので「無添加・原液100%」欄は抜かしました。

安全性 おいしさ 1杯の
値段
返金保証
 優光泉 ◎ ◎
梅味おすすめ
◎
145円
◎
毎日酵素 ◎ ◎
酸味強い
◎
193円
×
越後の龍 ◎ 〇
黒糖風味
△
324円
×
アイ酵素 ×
記載なし
△
薄めれば
△
348円
×
エッセンシア 〇
国産とだけ
〇
甘い
×
423円
×
野草専科 ◎ ×
漢方ぽい
〇
233円
×
酵素八十八選 ◎ ×
漢方ぽい
×
675円
◎

全部兼ね揃えているのは優光泉でしたが、酵素八十八選も返金保証制度をやっているので高額ですが、試してみる価値はありますよ♪

味(おいしさ)は〇がついているところであれば、多少なり好き嫌いはあるかもですが飲みやすかったです(産後太り3人組の感想として)。